人とビジネスのいきいきをデザインする

独自指標の“自社ファン度”を数値化する
組織サーベイを開発

独自指標の“自社ファン度”を数値化する組織サーベイを開発社員の“自社大好き度”を見える化し、組織の活性度を高め健全化を支援〜法政大・石山教授監修で実施した調査をもとに開発〜

企業のインターナルブランディング⽀援を⼿掛けるタンタビーバ(東京都千代⽥区、代表取締役:⾨脇俊仁)は、企業に所属する社員の「⾃社ファン度」を⾒える化する組織サーベイ『Fangrow』を開発しました。2021年11⽉30⽇(⽕)からサービス提供を開始します。
『Fangrow』は、法政⼤学⼤学院政策創造研究科・⽯⼭恒貴教授監修で⾏った、中⼩企業に勤務するビジネスパーソン向けの調査(2020.3実施)をもとに、当社で独⾃開発した組織サーベイです。サーベイでは「社員が⾃社のことをどれくらい好きか」を⽰す独⾃指標の「⾃社ファン度」を数値化し、組織状態を⾒える化します。診断では、「⾃社ファン度」の構成要素となる10項⽬を軸に約90設問の調査を⾏い、その回答を「経営」「組織」「個⼈」の3つのレベルごとに評価します。また会社毎にファン度に与える因⼦を重回帰分析から導き出し、「⾃社ファン度」を⾼めるための⽅向性を呈⽰します。

Fangrow 診断項目の構造

Fangrow 診断項目の構造

従来サーベイにはない“個別カスタマイズ性”が最大の特徴

『Fangrow』は、「⾃社ファン度」の総合評価を⾏う「全社診断」に加えて、「部⾨別」や「役職別」の診断報告があるほか、組織ごとに異なる課題にフォーカスした各種⽐較分析、可視化が最⼤の特徴です。例えば、「経営理念の浸透に課題がある」「⼼理的安全性が確保できていない」など、その項⽬に絞って⽐較分析を⾏うなど、現在主流のクラウド型組織サーベイでは⼿の届かない、個別カスタマイズが可能です。これにより、企業規模や成⻑フェーズを問わず、適正な診断による現状認識と、それを活⽤した解決施策の⽴案・実⾏に役⽴ちます。

診断レポート:一例

  • (左上)全社の「自社ファン度」総合評価
    経営・組織・個人の3つのレベルごとにレポート

    (左下)各種比較分析
    構成要素 10 項目を年齢別に比較分析

    (右上)分析レポート
    重回帰分析による各因子を統計的に分析

『Fangrow』の分析結果に基づくインターナルブランディングデザイン

当社は、今回開発した組織サーベイ『Fangrow』を活⽤した、インターナルブランディングのデザイン、⽀援をスタートします。まずは『Fangrow リサーチ』で、⾃社ファン度を⾒える化し現状認識を⾏います。その診断結果に基づき、『Fangrow ソリューション』を提供します。具体的には、経営者・⼈事部⾨・部⾨マネージャーを交えながら、「事実」「⾔葉」「⾏動」等の切り⼝から「未来づくり対話」を⾏い、具体的に「未来づくりのプラン&アクション」を⽴案し、施策実⾏までパートナーとして⽀援します。『Fangrow』を通じた診断、ソリューション等の⽀援を通じて⾃社ファン度を⾼め、働きがい・やりがいが⾼まる好循環モデルの実現をお客様に提供します。

『Fangrow』を活用したインターナルブランディングデザインの流れ

phase1 Fangrow リサーチ 組織の状態(⾃社ファン度)を⾒える化
phase2 Fangrow 診断報告 結果を分析し、組織ごとの課題を抽出
phase3 Fangrow ソリューション① 診断に基づく徹底した「未来づくり対話」
phase4 Fangrow ソリューション② 未来づくりのプラン&アクション

リモートワーク等で加速するエンゲイジメント低下懸念

コロナ禍による働く環境の変化により、組織のエンゲイジメントが低下する要因が増えています。具体的には、⾒える範囲が限られることによる「当事者意識の低下」や、コミュニケーション形態の変化による⽂化を醸成する「共通意識の低下」などが組織課題として挙げられるケースが増えています。

今回、『Fangrow サーベイ』で⾃社ファン度を⾒える化し、『Fangrow ソリューション』でそれを⾼めることで、コロナ禍の難しい環境下でも働きがい・やりがいが実感できる組織にすることを⽀援していきます。

リリモートワークで生じやすくなっている組織課題:例

【課題1】チームの一員としての当事者意識の低下
「チーム全体」視点の欠如、役割意識・役割行動の欠如
自分の見える範囲がすべて=
職場・仕事(職場・仕事についての視野が狭くなる)
【課題2】価値観・文化を醸成する共通意識の低下
① 非言語コミュニケーションの減少
② 非目的志向コミュニケーションの減少
③ インフォーマル・コミュニケーションの減少

『Fangrow』概要

提供開始 2021年11⽉30⽇(⽕)〜
名称 Fangrow(読み⽅:ファングロウ)
内容 ・リサーチ:WEB調査(約 90 設問)
・診断結果の報告:全社診断、部⾨・役職別診断、各種カスタマイズ⽐較調査
利⽤端末 PC、スマートフォン、タブレット等各種
対応⾔語 ⽇本語、英語、中国語
URL 以下、サービスサイトから資料請求・問合せ可
https://tantaviva.com/fangrow/
価格 利⽤⼈数や⽀援内容により異なる
※都度⾒積

タンタビーバについて/“いきいき”とした組織をデザイン

タンタビーバは、「⼈とビジネスのいきいきをデザインする」をミッションにかかげ、企業のインターナルブランディングをデザイン・⽀援しています。
社員⼀⼈ひとりが、「⾃社の熱狂的なファン」であってほしいという願いのもと、社員⼀⼈ひとりが笑顔にあふれ、働く誇り、喜びや活⼒がお客様や社会に広がっていく、“いきいき”とした組織をデザインしていくことを⽬指しています。
今回の Fangrow 開発を⽪切りに、従業員エンゲイジメントが低いと⾔われる⽇本企業のサポートに活⽤し、“いきいき”とした⼈と組織を創造していきます。

(右)代表取締役 門脇俊仁

(左)取締役 板谷和代

(ご参考情報)前回調査:自社への“ファン度合い”が、役職により大きな差

2020年3⽉に、法政⼤学⼤学院政策創造研究科・⽯⼭恒貴教授監修で⾏った中⼩企業に勤務しているビジネスパーソン 1000
⼈を対象にした「⾃社への”ファン度合い“に関する調査」で、⾃社へのファン度合いが「役員・部⻑」と「⼀般社員」の間で約20〜40ポイントの開きがあり、会社を好きかどうか(⾃社ファン度)に⼤きな差があることが分かりました。

  • 「自分の会社が好きだ!」表
  • 「会社に行けると思うとワクワクする」表

法政大学大学院 石山教授監修「自社への“ファン度合い”に関する 1000 人調査(2020 年)」より

会社概要

会社名 株式会社タンタビーバ
代表 代表取締役 ⾨脇 俊仁
設立 2015年4⽉
所在地 〒102-0083
東京都千代⽥区麹町 3-12-4 麹町 KY ビル 9F
連絡先 TEL:03-6261-3113 / FAX:03-6261-3112
業務内容 インタ−ナルブランディング(元気の種まき)
マーケティングディベロップメント(成⻑の種まき)
企業HP https://tantaviva.com/

【報道関係者からの問い合わせ先】

TEL:03-6261-3113:門脇
Mail:info@tantaviva.com